酪農部会

酪農部会

酪農部会について

年間生産量 約82,000t
生乳販売高 84.7億円(H30年度)
飼養頭数
  • 成牛8,900頭
  • 育成牛4,200頭
  • うち
    non-GMO牛乳生産者 22戸 年間生産量11,680t
    フードプラン牛乳生産者 4戸 年間生産量 3,300t
役員

18名
(委員長、副委員長、会計、監事、乳質改善委員)

部会活動について

毎月1回委員会議を開催。防疫対策、一斉消毒、レクリエーション、ポジティブリスト検証巡回、乳質改善巡回、総会の開催。各共進会への参加。牛乳の消費拡大運動等。

乳質改善委員会について

より安全・安心な高品質生乳生産を維持するため、委員会にて協議し、乳質改善を行っています。

ラクトコーダによる検定 搾乳の流量、温度、体細胞、湯温を測定。検討会を個別実施。JA菊池酪農課指導員と関係機関と連携した指導を行っています。その他各地域において、乳質改善巡回を行っています。

また、バルク乳スクリーニング検査を全戸行い、改善に向け検討会等を行っています。

これまでの出来事と生産者戸数について

平成7年 JA菊池酪農統一部会発足。 生産者当時
約380戸
平成8年 JA菊池酪農危機突破大会開催。乳価低迷による 307戸
平成10年 生乳生産量75,000t突破 279戸
平成18年 生乳計画生産調整
ポジティブリスト制度施行
242戸
平成20年 配合飼料価格高騰 203戸
平成21年 乳質改善委員会発足 189戸
平成26年 畜産クラスター事業参加
搾乳ロボット等導入
161戸
平成28年 熊本地震発生 154戸
平成30年 JA菊池生乳生産量80,000t突破記念大会開催 146戸

 

畜産物の紹介はこちら