一貫繁殖牛部会

一貫繁殖牛部会

一貫繁殖牛部会について

平成8年から安定的な肥育素牛確保のため、肉用牛繁殖生産体制の推進に取り組んできました。

これまで部会成立以降、繁殖基盤の強化を図り、平成30年度には販売高20億円突破記念大会を開催することが出来ました。今後も地域内・経営内一貫生産体制を図る部会として、次世代の担い手を育成し、経営の安定と生産性の向上を図り、厳しい畜産情勢に対応できる組織を作りあげていきます。

現在の部会員数は100名。平成30年度実績については

黒毛和種和牛素牛
販売頭数 2,682頭
販売高 1,923,991千円
褐毛和種和牛素牛
販売頭数 176頭
販売高 90,060千円
和牛ETスモール
販売頭数 587頭
販売高 252,943千円

関係機関と連携し、部会一丸となって和牛生産の拡大と管内畜産業の発展に向けて取組んでいます。

これまでの経緯

平成 8年 4月 繁殖事業への本格的参入
平成11年 5月 一貫繁殖牛部会の発足
平成12年11月 繁殖牛飼養頭数1,000頭達成大会
平成17年 4月 フィールド検定事業開始
平成17年12月 繁殖牛飼養頭数2,500頭達成大会
平成20年 7月 優良黒毛和種素牛確保促進支援事業開始
平成21年 4月 和牛登録事業開始
平成22年 6月 子牛登記事業開始
平成22年12月 繁殖牛飼養頭数3,500頭達成大会
平成26年 5月 繁殖牛飼養頭数4,000頭達成大会
平成29年 5月 繁殖牛飼養頭数4,500頭達成大会
平成30年12月 販売高20億円突破記念大会

第5次一貫繁殖牛部会推進計画

『新しい世代への継承』
『個々よりも組織力』
『明確な目標と成長戦略』

新プラン

Management(経営する、経営管理)New generation(新しい世代の)Organize(組織する)の頭文字を取り、MNOプランを発表。令和4年度までの継続目標として、

  • 繁殖牛飼養頭数:5,000頭
  • 目標放牧頭数 :500頭
  • 繁殖回転率  :13.5ヶ月

に向けて取り組みます。

 

畜産物の紹介はこちら