家庭菜園コーナー

家庭菜園コーナー

あなたもチャレンジ! 家庭菜園 ジャガイモの植えつけは適期に、良い種芋で

JA候補通信2月号 板木技術士事務所●板木利隆 梅の花が咲き終わり、土のぬくもりが感じ始められるころ(関東南部以西の平坦地域…

あなたもチャレンジ! 家庭菜園 ニラ  長い期間収穫を楽しむ

JA広報通信1月号 園芸研究家●成松次郎 春(3、4月)に種まきし、育苗して、6、7月に植え付け、翌年の春~秋に収穫します。…

あなたもチャレンジ! 家庭菜園 カブのトンネル栽培 適切な温度管理を心掛ける

 JA広報通信12月号 園芸研究家●成松次郎 カブは、暑さと乾燥に弱いが、寒さには強いという特徴があります。温暖地の露地栽…

あなたもチャレンジ! 家庭菜園 畑仕事に便利な農具 快適で楽しい作業にするために

JA広報通信11月号 園芸研究家●成松次郎 農具はかつての「村の鍛冶屋さん」が、農作業の用途や土質に適した形に…

鳥獣害から菜園を守る

画像をクリックすると拡大して見れます♪ (JA菊池広報誌「いぶき」11月号22ページにも掲載してあります)

日本の「農」と「食」を学ぶ ブロッコリー

JA広報通信10月号 ●日本農業検定事務局 ブロッコリーの作型は、7、8月ごろに種をまき、8月、9月ごろに定植…

野菜もの知り百科 シカクマメ(マメ科シカクマメ属)

JA広報通信10月号 土壌医●藤巻久志 30年前の日本では、沖縄県民以外のほとんどはシカクマメの存在を知りませ…

あなたもチャレンジ! 家庭菜園 ソラマメ マメ科野菜の連作を避ける

JA広報通信9月号 園芸研究家●成松次郎 ソラマメはサヤが上向きに付くので空豆、サヤの形が蚕の繭に似ているので…

あなたもチャレンジ! 家庭菜園 ニンニク 適期に植え付け、追肥と灌水を行う

JA広報通信8月号 園芸研究家●成松次郎 中央アジア原産と推定されるヒガンバナ科の多年生草本で、生育適温は15…

あなたもチャレンジ! 家庭菜園 シュンギク 収穫後に花も楽しもう

JA広報通信7月号 園芸研究家●成松次郎 シュンギクの生育適温は15~20度と冷涼な気候を好み、春(3~6月)…

あなたもチャレンジ! 家庭菜園 ハクサイ  よく締まった大球に育て上げるコツ 

JA広報通信7月号 板木技術士事務所●板木利隆 立派に仕上がった結球ハクサイの球は、70~100枚の大小多くの葉から構成され…

あなたもチャレンジ! 家庭菜園  ミズナ(キョウナ) 小株から大株まで楽しむ

JA広報通信6月号 園芸研究家●成松次郎 ミズナ(水菜)は古くから京都で栽培されていたツケナの一種で、キョウナ(京菜)とも呼…

あなたもチャレンジ! 家庭菜園  ブロッコリー 側花蕾を春まで取り続ける

JA広報通信5月号 園芸研究家●成松次郎 ブロッコリーは冷涼な気候を好み、生育適温は18~20度です。小さいと…

あなたもチャレンジ! 家庭菜園 色つやの良いナスを取り続ける

JA広報通信5月号  板木技術士事務所●板木利隆 気温の高まりとともに、ナスは紫黒色の形の良い果実が連続して収穫できるように…

あなたもチャレンジ!家庭菜園  ゴーヤー(ニガウリ)緑のカーテンにも最適

JA広報通信4月号 園芸研究家●成松次郎 野菜の中でも、暑いほど生育が旺盛なゴーヤーは特有の苦味が特徴の夏の健…

あなたもチャレンジ! 家庭菜園  トマト 完熟でおいしさアップ

JA広報通信2021年3月 園芸研究家●成松次郎 トマトのふるさとは日照量が多く、昼夜の気温差の大きい南米アンデス地方。生育…

あなたもチャレンジ! 家庭菜園 夏に涼味を ショウガづくり

JA広報通信 板木技術士事務所●板木利隆 ショウガは殺菌作用や薬効、料理の香りづけや魚類のにおい消しなど、古来広く食生活に取…

あなたもチャレンジ! 家庭菜園「ミツバ」 香りが良く、お吸い物に重宝

JA広報通信2021年2月号 園芸研究家●成松次郎 ミツバは日本原産のセリ科野菜で、半日陰でもよく育ち、乾燥に…
1 / 1