すいか

すいか

すいかについて

栄養について

JA菊池のスイカは糖度が高く、シャリ感があり、清涼あふれる紅赤色の「うまか西瓜」です。

スイカは、カリウム・アミノ酸・ビタミンAを含み、血圧の上昇を防いだり、利尿効果に優れています。生産には、土作りを大事にし、堆肥、有機質肥料を利用した安心できる真心のこもったスイカです。

主な産地

西合志・合志・泗水

品種

春のだんらん、ひとりじめ(小玉スイカ27月)

 

西瓜部会の紹介はこちら

出荷予定

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

すいかの旬 4月~

熊本・菊池のすいかは澄んだ水と昼夜の寒暖さにより糖度が高いことが特徴です。

JA菊池では糖度センサーで厳しく選別を行なっているので、甘さ・味の優れたすいかをお届けします!

大玉・小玉ともに高い糖度を誇ります!!

出荷は6月下旬まで続き、4月上旬から5月下旬のピーク時には、日量40トンを関東、関西方面へ出荷予定しています。

おいしい食べ方:ちょっとひんやり15度

冷蔵庫なら1玉2時間半、4分の1玉なら1時間半くらいがおいしくなる時間の目安です♪冷やしすぎにはご注意ください。

贈り物として

外箱はくまモンのイラストが入っています!

イラストはサイコロとして遊べるようになっていますので、贈り物としても喜ばれること間違いなしです!

 

 

 

 

 

 

 

秋スイカ出荷始まる 秋もスイカを楽しんで JA菊池すいか部会

JA菊池すいか部会がJAや合志市とタイアップして立ち上げた自慢の秋スイカ「ハロウィンスイカ」の出荷が10月3日から始まりました。品種は「ひときわ」。2022年産は約5500玉の出荷を見込み、関東中心に800玉初出荷しました!

 

 同部会の上村勝徳さん(47)は「天気の良い日が続き、玉太りが良いスイカができている。上品な甘さで食感もよく、種が少ない食べやすいハロウィンスイカを味わってもらいたい」と話しました。

 同センタースイカ販売担当の山野邦彦さんは「例年並みにいい出来のスイカに仕上がった。多くの人に秋のスイカも味わってほしい」と話していました。

 「ハロウィンスイカ」は、菊陽町の「JAまんまキッチン」で販売中。JAタウンのネット販売で予約購入もし、本年産の販売予定は限定200箱(1箱1玉入り)。