甘藷

甘藷

甘藷について

栄養について

世界最大級のカルデラを誇る活火山・阿蘇山のふもとにあり、その火山灰土壌が栽培に適しています。

中でもサツマイモには過熱しても壊れにくいビタミンCを持ち、根菜類に多く含まれる食物繊維と特有のカラピン(切ったときに断面に染み出てくる白い液体)と言われる成分により腸の働きを促す効果があると言われています。

更に、カリウムやビタミンEなども多く含まれており、健康志向の方、女性からの人気が高く再注目されている品目です。

主な産地

大津

品種

高系14号、紅はるか

 

甘藷部会の紹介はこちら

出荷予定

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

カンショ出荷最盛期

 

 JA菊池管内でカンショの出荷最盛期を迎えています。大津町にある南営農センターでは、日量10㌧を姫路、岡山、広島、福岡方面へ出荷☆品種は高系14号「ほりだしくん」と「べにはるか」。

生産者は貯蔵庫で貯蔵されていたカンショを洗い、調整・選別後、箱に詰めて出荷する。貯蔵されたカンショは甘味を増し「甘くておいしい」と好評を得ています♪

 JA甘藷部会では大津町を中心に、32戸が76ヘクタールを栽培しています。出荷は6月まで続き、出荷量1900トンが見込まれています。

 

 部会のカンショはJAの農産物市場「大津とれたて市場」で販売。集荷所からの地方発送も行い、県内外の知人・友人への贈答用としても喜ばれています!

 

 

 

甘藷の紹介