イチゴ

イチゴ

イチゴについて

栄養について

「日本一おいしい苺を・・・」を目指している、JA菊池の苺は、真赤で甘酸っぱく、ビタミンCや食物繊維も豊富で、美肌や便秘予防にも効果のある果実の王様です。

主な産地

管内全域

品種

ひのしずく、ゆうべに、恋みのり

 

苺部会の紹介はこちら

出荷予定

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

 

 

 

 

甘くとろける食味「糖蜜使用のこだわりいちご」いい出来  JA菊池イチゴ部会

JA菊池イチゴ部会が、食味を重視して作り上げた自信作「糖蜜使用のこだわりいちご」の出荷が始まった。完着で大玉のものだけを詰めます。品種は「ひのしずく」。こだわりを追求する生産者だけが出荷。2021年産は27戸が取り組み、初出荷は12月15日です。24玉入りと30玉入り合せて約130箱を出荷しました。

 

 

他のイチゴと差別化し、黒色の箱を使い、イチゴは一個ずつフルーツキャップでくるみます。荷姿は1箱30玉、24玉、21玉があり、関東・関西地方の大手デパートの店頭に贈答用として並びます。香港、台湾、タイにも輸出。

 

 

宮川忠正部会長は「品質良好で、味もいい。天候不順により例年に比べ現在の収量は少ないが、これからが本番。品質重視で大きくてうまいイチゴを提供していく」と年末年始に期待☆

 

JAイチゴ担当の矢野博之指導員は「コロナの影響でイベントもまだ少なく、量販店での販売促進会も出来ないのが、海外でのファンも増え、輸出も増やしていきたい」と話していました。

 

地元での販売も強化したいとメディアでもPR。JA直営のまんまキッチンでは大玉6個入りも販売します。

同部会は、「ひのしずく」「ゆうべに」「恋みのり」の3種を栽培。生育は順調で、品質も良好です♪

 

 

JA菊池イチゴについて