ほっと一息

ほっと一息

2023.06.25

体を動かすためのヒント 手軽に体操 普段、体を横に曲げ伸ばす機会はありますか? 

JA広報通信2023年6月号

日本体育大学准教授●伊藤由美子

 

 寒暖差や気圧の変化などによって体調に不安や悩みを感じることはありませんか?
 天候の影響でなんとなく気分が沈みがちになる方もいるかもしれません。日常生活の中で季節を感じる時間をつくりながら過ごしてみてはいかがでしょうか。通勤時に彩り豊かなアジサイに目を向けたり、料理のときには旬の野菜を積極的に取り入れるなど、季節に応じた楽しみ方を見つけてみましょう。
 今回は体側(胴体部の側面)を左右に曲げ伸ばす運動を紹介します。体側を曲げ伸ばす動作は、普段の生活の中で意識しない限り、ほとんど行われることはありません。胴体部の筋群は姿勢を維持するために大切な役割を担っています。今回は肩甲骨周辺をほぐしながら体側を曲げ伸ばしてみましょう。

レッツ、トライ! 体側を曲げ伸ばす運動

(1)頭の後ろに手を置いて構えます。

(2)万歳をするように両腕を伸ばします。

(3)再度、頭の後ろに手を置きます。

(4)両腕を伸ばしながら、体側を曲げ伸ばします。
このとき、息を吐きながら動き、首も同時に曲げてみましょう。

(5)(1)の姿勢に戻ります。同様に(2)(3)を行った後、反対側の体側も曲げ伸ばします。

 

 

日本体育大学 准教授 伊藤 由美子(いとうゆみこ)

千葉県生まれ、農業を営む両親の元で育つ。
日本体育大学大学院体育科学研究科博士前期課程体育科学専攻健康科学・スポーツ医科学系修了。専門領域は体操。(公財)日本体操協会一般体操委員会委員長。体操や健康に関する情報をお届けします!