ほっと一息

ほっと一息

2023.04.13

トラブル回避の基礎知識 マッチングアプリなどで誘われる投資にご注意!

JA広報通信2023年3月号

国民生活センター相談情報部●黄田玲子

 マッチングアプリなどをきっかけにした投資でトラブルが起きています。

【事例】マッチングアプリで外国籍の女性と知り合った。早々にLINEでのやりとりを持ちかけられ、それに応じて頻繁に連絡を取り合い親しくなった。その後「知り合いにプロの投資家がいるので投資をしないか。言う通りにすればFX取引(外国為替証拠金取引)でもうかり、豊かな結婚生活が送れる」と誘われ、言われるままに外国のFXアプリを入手し、外国人名義の国内口座に20万円を振り込んだ。指示通り取引をしたらもうけが出て自分の銀行口座に入金があったので、信用してさらに120万円を振り込んだ。指示通りに取引をすると負けることはなく、残高が300万円になったので出金しようとしたら「出金には15%の手数料がかかる」と言われた。手数料を振り込んだが、その後も多額の保証金がかかるなどと言われ、出金ができなかった。おかしいと伝えると、女性とは連絡が取れなくなった。どうしたらいいか。

 昨今、マッチングアプリなどが真剣な出会いの場としての存在感を高めています。一方で、悪意を持って紛れ込んだ利用者にFXや暗号資産などへの投資を勧められ、トラブルに遭うケースが増えています。トラブルの主な特徴としては、

①相手が外国人などを名乗り、投資や副業でもうけているなどと言う、

②結婚をちらつかせ投資を勧めるなどです。

 マッチングアプリやSNS(会員制交流サイト)のやりとりだけでは相手の素性は分かりません。また、外国企業であっても、FXなどの金融商品取引を業として行う場合には登録が必要ですが、紹介される投資運営会社は登録がない場合が多く実態は不明で、いずれにせよ解決を図るのは困難です。
 マッチングアプリでは外部サービスへの誘導行為を禁止している場合があります。利用する場合は規約に従い、知り合った相手から投資を勧められても応じないでください。