きくちのまんま新聞

きくちのまんま新聞

JA青壮年部と部会が連携して食育 JA菊池青壮年部合志支部

 合志市内のサッカーチーム「リベルタ北熊本FC」の児童10人が8月上旬、アスパラガスの収穫体験と試食をして、地域の食材に親しみました。JA菊池青壮年部合志支部長の上野義博さんと、同JAアスパラガス部会長福嶋雅喜さんの連携で実現。

 

上野さんが、知り合いのサッカーチームコーチの前田智政さんから「地元野菜の収穫体験をしたい」との相談を受けたのがきっかけ。

 

前田さんは「サッカーがうまくなるだけでなく、支えてくれる人の苦労を実感し、周囲の人への思いやりや陰で支えてくれる人への配慮を育んでほしいと思った。農業の一端を学び、真剣に楽しく体験することができた。試食では、いつも以上のおいしさを知った。このような場をつくっていただき感謝している。サッカーや食育を通して成長してほしい」と話しました。

 

スイカを栽培をする上野さんは「自分の畑で体験するものはないので、今の時期はアスパラガスと思い相談したら、快く受け入れてもらった。子どもたちもとても喜んでいた。人数が多いとなかなかできないが、このような小さな取組みでも食農教育の輪が広がればと思う」と話していました。