ほっと一息

ほっと一息

2022.06.07

梅雨時も危険です! 熱中症にご用心

JA広報通信5月号

イラスト:服部新一郎

熱中症はジメジメと湿気の多い梅雨時からその危険性が高まるといわれます。
そんな熱中症の症状・対策や農家の被害状況、2021年度から運用が始まった「熱中症警戒アラート」の活用法などについて、東京農業大学の樫村修生教授に教えていただきました。

 

農作業中の熱中症の被害状況について教えてください。

 農作業中の熱中症による死亡者数は、2010〜2019年に251人を数えます。年度によって変動はあるものの全体として増加傾向にあり、70歳以上が80%以上を占めているのが特徴です。

 

 

 

熱中症にはどんな症状がありますか。

 熱中症の症状は次のように分類されます。
⚫軽度(Ⅰ度)…目まい・失神、筋肉痛・筋肉の硬直、大量の発汗
⚫中等度(Ⅱ度)…頭痛、吐き気、嘔吐(おうと)、倦怠(けんたい)感、虚脱感
⚫重度(Ⅲ度)…意識障害、けいれん、手足の運動障害、高体温
 軽度であれば、しばらく休憩を取れば回復しますが、呼びかけへの反応がおかしいなど、重度だと判断される場合には即座に救急搬送する必要があります。そのため、1人で農作業を行う場合には特に注意が必要です。

 

 

ハウス栽培は熱中症リスクが高いのでしょうか。

 例年、熱中症が増えるのは梅雨時の6月ごろですが、ハウス栽培では4月下旬でも熱中症の事故が起きています。特に空調設備のないビニールハウスの場合、外気温が28〜30度でも、ハウス内は35度程度の高温になるため、熱中症リスクが非常に高いといえるでしょう。

 

 

2021年度から始まった「熱中症警戒アラート」とは何ですか。

 熱中症の発生には、気温だけでなく、湿度、輻射(ふくしゃ)熱、気流なども影響します。そこで、これらを総合的に評価した「暑さ指数(WBGT)」が熱中症リスクの目安として有効とされてきました。この「暑さ指数」の考え方をベースに、昨年度に環境省と気象庁が運用を開始したのが「熱中症警戒アラート」です。この数値が33以上になることが予測されたら、前日17時と当日5時にアラート(警報)が発表されることになっています。

 

 

農作業時に有効な熱中症対策を教えてください。

 暑さ指数を把握し、その指示内容に従って作業を中止したり、休憩したりすることが大切です。ハウス栽培の場合は、市販の「暑さ指数計」をハウス内に設置するなど、数値を確認してほしいですね。なぜなら、朝、水まきをすれば湿度がどんどん上がって屋外以上の高温多湿の環境になり、熱中症リスクが高まることもあるからです。

 衣服の工夫も重要です。トラクターや重機などの使用時は、安全のために長袖、長ズボンなどを身に着ける必要がありますね。これでは熱中症リスクが高まります。そこで、服に付いたファンから外気を取り入れることのできる、いわゆる「空調服」や、ネッククーラーなどの熱中症対策用品がいろいろ販売されているので、ぜひ活用してほしいと思います。

 

 

効果的な休憩方法を教えてください。

 夏場の農作業では、露地栽培は30分に1回、ハウス栽培は20分に1回、5〜10分程度休憩することが推奨されています。また、家族で農業に従事している場合は、若い人が高齢の方の体調を見ながら休憩を取る必要があります。

 

 

水分補給での留意点はありますか。

 人間は、胃や腸から一度に多くの水分を吸収できないので、水分補給は小まめに行うことが大事です。また、夏場の作業時には、お茶よりもスポーツドリンクが適しています。スポーツドリンクに含まれる糖質が腸の水分吸収を促し、発汗によって失われたミネラル分も補えるため脱水予防や疲労回復に役立つからです。

 

 

飲酒や食事などに関する注意事項はありますか。

 お酒を飲むと、アルコールの利尿作用によって脱水症状を起こしやすくなるので、作業日前夜の深酒は避けてほしいですね。また、最低でも7時間は睡眠時間を確保し、朝食をしっかり食べてから作業をしてほしいと思います。

 

 

農家の熱中症対策に向けてメッセージをお願いします。

 現在、農業従事者の高齢化が進んでいますが、高齢者は暑さや喉の乾きを感じにくいため、いつの間にか熱中症になってしまう可能性があります。そこで、高齢者の体調を気遣ったり、予防対策を促したりなど、地域ぐるみで熱中症対策を心がけてほしいと思っています。

 

 

 

熱中症対策用品

 

暑さ指数(WBGT)計

 暑さ指数(WBGT)に基づく熱中症警戒レベルを5段階のイラストで表示。暑さ指数が設定値(出荷時は33)以上になったときはアラーム音でお知らせします。

例:TANITA 黒球式熱中アラームTC-210

 

 

 

空調服

 服に付いたファンから外気を取り入れることで、汗を気化させ、涼しさを体感できる作業服。服の中を通った暖かい空気は、襟元と袖口から排出されます。

 

 

 

LINEに「環境省」の友だち追加で熱中症警戒アラートが届きます!

詳細は以下のQRコードを読み取ってご確認ください。

 

 

 

 

東京農業大学  国際食料情報学部教授同大学院 農学研究科環境共生学専攻指導教授

樫村修生(かしむら おさむ)