きくちのまんま新聞

きくちのまんま新聞

春の農機・自動車展示会 最新の農機具や自動車が集合!

JA菊池農機車輌(しゃりょう)部は「春の農機・自動車展示会」を4月15日からの2日間、菊池市旭志のJA本所敷地内で感染予防を徹底して開きました。JA熊本経済連の他、農機メーカーや自動車ディーラー各社と協賛し、新車や中古車、農業機械の展示販売を行いました。

 

16日には「春のおしゃれフェア」を生活部と協力して同時開催し、多くの来場者で賑わいました。

 

この展示会は、事業環境の変化に対応した農業機械の効率利用と低コスト生産を行なう選択の場を提供し、活力ある農業経営に寄与することを目的に毎年開いています。今後も、生活に必要不可欠な自動車の適期導入を促進していきます。

 

 

農機車輌部池田一部長は「コロナの影響で開催が危ぶまれましたが、多くの方に喜んでいただけました。今後も組合員と、顔と顔を合わせる機会を増やしていきたい」と話しました。

 

 

2日間で来場者330人、売上げはそれぞれ農業機械3650万円(計画対比121.7%)、自動車6910万円(計画対比209.4%)の実績となりました。