きくちのまんま新聞

きくちのまんま新聞

より良いJAを目指して思いを伝える 青壮年部役員とJA役職員が意見交換会 JA菊池青壮年部

JA菊池青壮年部は3月22日、JA情報センターで同JA役職員との意見交換会を開きました。熊本県域JA構想に関する意見や疑問、資材や飼料の価格高騰対策などについて具体的な意見も述べ、より良いJAを目指し、日頃の思いを伝えました。

 

 

参加した青壮年部役員8人は部員から預かった県域構想に対する疑問や質問、資材店舗で扱っている商品のネット購入や農畜産物のインターネット販売の強化、専門職員の育成などの要望も挙げ、担当部長らが応答しました。

 

 

青壮年部の岩木信太郎委員長は「組合長や各担当部長たちとこのような意見交換ができる場があることがいい。将来のJAをどう目指していくのか意思疎通をしていき、一緒に力をつけ、活動していきたい。」と話しました。

 

 

三角修組合長は「焼肉レストラン『まんまキッチン』は地元の人に地元産の肉を食べてほしいという青壮年部の想いからできた。青壮年部のみなさんの魂を入れてJAと一緒に盛り上げてほしい」と提案しました。

 

 

青壮年部は意見交換会を毎年開き、意見を交換しながら焼肉レストラン「まんまキッチン」のオープンなどを実現している。