きくちのまんま新聞

きくちのまんま新聞

じゃが玉プロジェクト  JA菊池青壮年部七城支部

JA菊池七城青壮年部は2月25日、菊池市立七城小学校3年生のジャガイモの植付けを同支部の栽培員が指導しました。同支部の食農教育「じゃが玉プロジェクト」の一環です。

 

 

同支部は2009年に同小学校を「食農教育推進モデル校」として認定し、野菜、米の栽培指導を行っています。3年生でジャガイモ、タマネギを植付けし、草取りなどの管理作業も行い、それを4年生になって収獲します。2年間「じゃが玉プロジェクト」で鍛えられた5年生がメインの米づくりを担当します。収穫した米、ジャガイモ、タマネギは給食で使用しています。

 

 

その日指導した栃原慶三さん(42)は「先輩から受け継いだ栽培員も継承され、盟友のつながりにもなっている。子どもたちも楽しみに作業をしてくれるのでうれしい。これからもしっかりつないでいきたい」と話しました。