きくちのまんま新聞

きくちのまんま新聞

「ゆうべに」「ひのしずく」「恋みのり」のイチゴ出荷順調  JA菊池北営農センター

JA菊池管内でイチゴが順調に出荷中!!2番花のピークを迎えている。品種は「ひのしずく」「ゆうべに」「恋みのり」の3種。検査員の厳しいチェックと、鮮度保持のための保冷庫で品質良好のイチゴがフレッシュさを保ち、市場でも「新鮮で日持ちのいいイチゴ」として高い評価があります。輸出強化や特別販売品などで有利販売にも努めています。

 

 

1番花から2番花に移行しながら安定出荷を続ける2月上旬、日量4000パックを出荷中です。徐々に数量をのばし3月上旬のピーク時には日量1万パックを見込んでいます。部会員は41戸で、649アールを栽培。部会員が一丸となって大きさと味を追求し、努力と団結で「きくちいちご」のブランド化を目指します。

 

 

JAイチゴ指導員の矢野博之さんは「県内でも面積を増やしている『ゆうべに』は菊池でも面積を増やし、食味もいいと好評。『ひのしずく』と並ぶ菊池の目玉にしたい」と話しました。