組合長からのメッセージ

組合長からのメッセージ

組合長からのメッセージ vol.66

家畜伝染病の防疫体制づくりへ地域とともに ~もうひとつのBCP~

 

 

 口蹄疫が発生して10年が過ぎ、牛や豚を飼育する農家にも病気に対する恐怖が薄れようとしています。

 

 畜産において九州の一大産地であるJA菊池としては病気を持ち込まない、徹底した予防をして侵入させないことが大切であると思います。1戸でも病気に感染したら産地の崩壊に繋がることになるのです。畜産農家300戸すべてに消毒用動噴を取り付けるべく、国、県、経済連、酪連の協力のもとJA菊池も助成金を出して協議会を作り、取り組むこととしました。農家の経営継続ができるよう、BCP(事業継続計画)の一つとして取り組んだ次第です。

菊池地域家畜防疫対策連絡協議会設立について

 

 

 

新型コロナウイルスの人への感染症と家畜動物の口蹄疫への感染、どちらも心配です。

 

代表理事組合長 三角 修