きくちのまんま新聞

きくちのまんま新聞

小玉スイカ出荷始まる   JA菊池西瓜部会

 JA菊池西瓜部会は1月28日、小玉スイカの初出荷に向けての査定会を開き、31日の初出荷を決めました。関東・関西方面へ50ケース(1ケース5~6個中心)を出荷。品種は「ひとりじめ7EX」。5月から「ひとりじめBonBonリッチ」を出荷予定。28戸で、13.0ヘクタールを栽培します。

 

 

 同部会の髙島一久部会長は「昨年より玉太りがよい。色つやも良く、糖度も乗り、うまいスイカができている。消費者の皆さんに美味しく食べてもらいたい」と笑顔を見せました。

 

 

 JAの高本祐成指導員は「年内から年明けにかけて、天候にも恵まれ、品質・食味ともに良好。今後も気温の上昇と共に、更に品質も向上し、出荷量も増えていく」と話していました。

 

 

 菊陽町にあるアグリショップJAの「まんまキッチン」でも販売しています。大玉スイカは3月中旬より出荷予定です♪