ほっと一息

ほっと一息

2022.03.03

お天気カレンダー お花をあげましょ、桃の花

JA広報通信2月号

 財団法人日本気象協会●檜山靖洋

 

 3月3日はひな祭りです。ひな祭りは、女の子の厄よけと健康祈願をするもので、ひな人形は女の子が幸せになれるように、と願いを込めたお守りです。

 ひな祭りが終わったあと、「ひな人形を早く片づけないと、お嫁に行けない」と言われることがありますが、ひな人形のためにも早く片づけることは大切です。湿気を一緒にしまわないよう、晴れて乾燥した日に片づけるようにしましょう。

 ひな人形とともに飾られるひしもちは、一般的には、桃を表す赤、雪を表す白、草を表す緑の3色になっています。3月はまだ雪の残る地方も多いですが、草が生え始め、桃の花が咲きだすころです。ひしもちの色は、こうした季節を表す3色だといわれています。ちょうど桃の花が咲くころの節句なので「桃の節句」になりました。

 桃は、古くから魔よけの意味があり、体に良い栄養素が多く含まれるので食用、薬用に使われます。厄よけや健康祈願にはぴったりの果物です。また、桃には女性にとって大切な栄養素がたっぷり含まれています。

 桃の実は水分が多いですから、お肌に潤いを与えてくれます。桃に含まれるビタミンCは肌をきれいにし、老化防止の効果もあります。桃を食べれば、お肌は「ピーチピチ」です。食物繊維も多く含まれているため、便秘にも効くということです。実だけではなく、桃の葉のエキスも肌に良い効果をもたらすので、桃の葉エキス入りの化粧水などもあります。

 「She is a peach」と言えば、欧米では「とてもすてきな女性」というほめ言葉になるそうです。そんな桃の花をプレゼントして、女の子の成長をお祝いしてあげましょう。