ほっと一息

ほっと一息

2022.01.15

いつでもどこでも手軽に体操 エクササイズ・ウオーク(2)

JA広報通信1月号

日本体育大学名誉教授●荒木達雄

 

 

 前回は普段より速いスピードでウオーキングすることをお勧めしました。歩くスピードには個人差があります。まずは、自分の普段歩いているペースを確認します。その速さよりも速く、軽快に歩くということです。普段の歩幅より少し大きな歩幅で、かかとから重心を前に移動しながら、足の指で強く蹴り出して歩くイメージです。腕の振り方も工夫しましょう。こぶしを軽く握り、腕に少し力を入れて肘を軽く曲げ、大きく前後に振ります。そのリズムを優先させて軽快に歩きます。

 次の提案は、公園や交通量の少ない安全な場所でのチャレンジです。先述した歩き方で、前方にいくつか架空の障害物を想定します。その架空の障害物をよけながら歩いていく、蛇行歩きです。左右に重心を移動しながら歩き方を工夫してください。直進→蛇行→直進と、変化のある歩きで、周りの景色を眺める余裕を持ち、楽しみながら歩いてください。毎回このような変化を工夫して歩けば、気持ちも体もリフレッシュできるでしょう。

 

 

パソコンでは、 The Taiso(ザ・タイソウ) で検索してください

 

 

The Taisoノーマルバージョンの動画はこちら