ほっと一息

ほっと一息

2021.12.07

お天気カレンダー 雪の情報

JA広報通信11月号

気象予報士(株式会社ハレックス)●檜山靖洋

 

 

 12月7日は二十四節気の大雪(たいせつ)です。北日本や山間部では大雪(おおゆき)の季節が始まる時期です。東日本や西日本の都市部でも初雪が降る時期になります。平年では、福岡で12月18日、大阪12月26日、名古屋12月22日、東京は1月3日となっています(※)。

 初雪というと、雪がハラハラと舞い、冬の始まりを実感するような風情ある光景をイメージする人も多いでしょう。でも、時には初雪が積雪となり、大雪になってしまうこともあります。大雪で災害が予想される場合には、大雪注意報や大雪警報が発表されます。災害が起きるほどは降らなくても、生活に影響が出そうな場合は、「雪に関する情報」が各気象台から発表されます。雪に慣れていない都市部では、数cm積もるだけでも、交通に影響が出たり、転倒事故が多発したりします。これからの季節は雪の情報に注意が必要です。

※気象庁:1991~2020年平均値