きくちのまんま新聞

きくちのまんま新聞

地域の企業と菊池の栗をPR  大好評!菊池栗スイーツキャンペーン2021

県内でも有数の栗の産地である菊池市で10月31日から「菊池スイーツキャンペーン2021」が開かれ、栗好きな人に人気!!原料をJA菊池栗部会が提供しています。「ぽろたん」と「美玖里(みくり)」を使用。このキャンペーンは2年目で県域広域本部と菊池市、JA菊池が協力。12月10日まで♪

 

 

熊本県は栗の生産量が全国1位で、2品種は同JAが県内1位。「ぽろたん」は1ヶ月低温貯蔵し、糖度を上げて使用。「美玖里」は糖度が約10度あり、豊かな栗の風味が特徴で加工に適しペースととして使われています。

 

 栗スイーツが提供されるのは、菊池市内の菊池観光物産館、洋菓子工房森と山、アイスクリーム専門工房ついんスターなど昨年より2店舗増え、5店舗。アイスクリームやモンブランなどの洋菓子や栗団子や栗どら焼などの和菓子としても販売されています。

 

 

県産の牛乳と栗のペーストを使った「菊池栗のいがぐりアイス」を販売するついんスターの芳賀円店長は「昨年は追加で生産しないといけないほどあっという間に売れ好評だった。今年も人気商品となっている。地元でとれる美味しい菊池の栗をもっとPRしていきたい」と熱い思いを語りました。

 

 

JA栗担当の営農部園芸課山口博司係長は「ぽろたんはインターネット販売でも人気。これからも協力し合い地元の農産物をPRしていきたい」と述べていました。

 

 

アイスを食べた人からは「栗の味が口に広がり、甘さも丁度良くおいしい」「アイスの上が、いがぐりのようで面白い」などという声がありました。