ほっと一息

ほっと一息

2021.11.19

トラブル回避の基礎知識 利益誘引型サイトにご注意!

JA広報通信11月号

国民生活センター相談情報部●黒澤夏子

 

 

 「利益誘引型サイト」に関連したトラブルが増えています。

【事例】スマートフォンに「3億円が当選した。あなたに支払いたい。手続きしてほしい」という見知らぬ相手からのショートメッセージサービス(SMS)が突然届いた。添付のURLにアクセスするとサイトにつながったが、内容は途中で切れており、全文を読むにはサイトに登録し、文字化け解除費用やセキュリティー費用などを1ポイント1円で購入することが必要だった。3億円を受け取るためにこれまで30万円近くを支払ったが、いまだに受け取れていない。相手からは「あともう少しで手続きが完了する。3億円をぜひ受け取ってほしい」などのメッセージが届くが、だまされたと思うので返金してほしい。

 

 お金が簡単に手に入ると思わせてサイトに誘導し、サービス利用料や手続き費用と称して高額な対価を請求するサイトは、「利益誘引型サイト」と呼ばれています。サイトにアクセスするきっかけは、見知らぬ相手からのSMSやメールの他、インターネット交流サイト(SNS)で知り合った相手から誘導される場合があります。当選金がなかなか受け取れず途中で不審に思っても「もう少しで受け取れる」など、言葉巧みに促されて支払いを続けてしまうケースが見られます。しかし実際に当選金を受け取ることはできず、やりとりをしている相手はサクラである可能性があります。

 サイトとの返金交渉は簡単ではありませんが、やりとりの記録や支払い明細などが残っていれば、交渉ができる場合があります。ただし、サイト内のメッセージは時間がたつと消えてしまったり、退会の申し出により確認できなくなったりするので、メールやメッセージはスクリーンショットなどで保存しておきましょう。

 簡単にお金が手に入ることはありません。見知らぬ相手からのメッセージには十分注意しましょう。