きくちのまんま新聞

きくちのまんま新聞

ウェブでお茶講座  おいしいお茶の淹れ方伝授   JA菊池茶部会青年部

JA菊池茶部会青年部の瀬川竜次さん(42)は11月5日、菊池郡大津町の美咲野小学校で、ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」を使って「お講座」を開きました。地域のお茶栽培やおいしい淹れ方などを教え、お茶の魅力を伝えました★

 

 

同講座は9年目で、Zoomで行うのは2回目。地域を知る講座から家庭科の授業として定着。5年生3クラス117人が各クラスで電子黒板を見ながら学びました。

 

 

同校では、4月から児童ひとり一人にタブレットが渡されており、今回の講座のお茶の淹れ方が動画配信されます。児童らは瀬川さんが準備した「玉緑茶」を持ち帰り、その動画を見ながら家族にお茶を淹れて担任に報告することが宿題とされました。

 

 

お茶が大好きという相馬朱希さん(11)は「お茶の種類や淹れ方がよくわかった。いろんなお茶を飲んでみたい」と笑顔を見せ、熱心にメモをとっていた岩下遥希くん(10)は「水出し茶やサンルージュという初めてのお茶のことを知り楽しかった」と興味津々のようすでした。

 

瀬川さんは同町で茶を栽培、製造しています。日本茶インストラクターの資格を持ち、茶の魅力を伝える活動を続けています。