ほっと一息

ほっと一息

2021.11.08

社会人のための日本語検定 第45回 見合いの話を うまく断る言い方は?

JA広報通信11月号

 ●出題:特定非営利活動法人 日本語検定委員会

 

問一 文法 3級

次のようなことを言うとき、(   )の部分はどちらの言い方が適切でしょうか。適切なほうを選んで、番号で答えてください。 今朝は電車内がひどく混雑していて、目的の駅で(   )のではと心配になるほどだった。

(1)降りられない

(2)降りれない

 

 

問二 敬語 2級

【   】のようなとき、(   )に入る言葉として最も適切なものを選んで、番号で答えてください。

【見合いをすすめてくれた会社の上役への断りの手紙で】 ご(   )は感謝に堪えませんが、今はまだ結婚は考えられないので、お見合いはお断りさせていただきます。

(1)懇情

(2)懇請

(3)懇意

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

問一 

(1) 「降りる」は上一段活用動詞であり、可能表現は未然形「降り」に「られる」を付ける。したがって、(1)「降りられない」が適切。

(2)「降りれない」は、ら抜き言葉で不適切。

 

 

問二 

(1) 相手に対する親切な気持ちを表す、(1)「懇情」が適切。

(2)「懇請」は、強く頼むこと。

(3)「懇意」は、親しくしていること。 2021年度 日本語検定 実施予定 日本語検定は、日本語を使う全ての人のための検定です。日本語の総合的な運用能力を測るため、敬語・文法・語彙・言葉の意味・表記・漢字の6つの領域から出題しています。受検級は1級から7級で、小学生から社会人まで幅広い層が受検しています。

 

 

2021年度の日程は右記の通りです。

第2回

〔実施日〕11月12日(金・準会場) 11月13日(土・準会場/一般会場)

※受検申込の受付はすでに終了しました。 受検申込、資料請求などのお問い合わせは、下記のフリーダイヤルかホームページからお願いいたします。ご連絡お待ちしております。

●フリーダイヤル 0120-55-2858

●ホームページ https://www.nihongokentei.jp