きくちのまんま新聞

きくちのまんま新聞

【酪農女性部】父の日に牛乳(ちち)を贈ろうキャンペーン☆発案してから23年目!

 JA菊池酪農部会女性部は17日、父の日を前に「父の日に牛乳(ちち)を贈ろうキャンペーン」の一環でJA本所を訪れ、三角修組合長ら役員に牛乳を贈りました!

 

 このキャンペーンは1997年にJA管内の酪農家の発案で始まりました。今年の県酪農組合の牛乳贈呈式は新型コロナウイルスの感染予防のために中止しましたが、「発祥地である菊池が発信しなければ」と同女性部はJAを訪れ短時間で贈呈式を行いました。

 

 旭志酪農女性部長の村上節子さんは「学校が休校で給食用の牛乳出荷がなくなり、このままでは牛乳を破棄しなければならないのではないかと心配しました。県酪とJAの支援で出荷ができました」と話しました。三角組合長は「牛乳をしっかり飲んでこれからも応援します!」と試飲の牛乳を飲みほして笑顔をみせました。

 

 同部会女性部で父の日用プレゼント牛乳(900㍉㍑入り1本600円)のビン牛乳を管内で販売し、女性部受付で1230本の注文がありました。