組合長からのメッセージ

組合長からのメッセージ

組合長からのメッセージvol.91

宿根カスミソウ酵母による日本酒づくり~JA菊池と東京農業大学包括連携プロジェクト(その1)~

 JA菊池は平成30(2018)年4月に、東京農業大学と包括連携協定を結びました。協定を結んでから、大学に「GIを取得している『菊池水田ごぼう』の黒あざ病を減らすには、どのような土壌改良が必要か」「ニンジンビールの商品化は可能か」等いくつかの課題を示していました。併せて「カスミソウの花から清酒づくりに適する酵母が採れないか」とお願いをしていたところ本年4月に「採れました!!」との吉報が届きました。  

 

 

 バラやツツジなど、花が大型のものは比較的に採れやすいとされています。極めて小さいカスミソウの花から酵母を採取するのは難しいとの声がありました。何回も花を採取しては大学へ送りましたが、なかなかうまくいきませんでした。大学の穂坂先生から「3年間はチャレンジしましょう!」との強い言葉をいただき、2年半の月日を経て分離に成功することができたのです。先生曰く「菊池周辺のオリジナル酵母」とのことです。

つづく

 

代表理事組合長 三角 修