ほっと一息

ほっと一息

2021.10.24

手軽に健康 手指体操 鍵引き運動で指の力を鍛える

JA広報通信10月号

健康生活研究所所長●堤 喜久雄

 

 私たちは日々の生活の中で無意識のうちに指先を動かしています。食事で箸を使うときや、何かをつまむときなど、それぞれの動作に合った力加減で、指や手首の角度を調整し一連の動作を生み出します。しかし、指先の力が衰えてしまうと、日常生活のさまざまな動作が面倒になってしまいます。長年親しんだ手先を使った趣味なども苦になってしまい、気持ちが落ち込むことにもなりかねません。

 指先を動かす動作は、脳の若さにも関わってきます。今回ご紹介する指を引き合う運動は、5本の指の力を鍛えます。体力低下を防ぎ、体と心、脳の若さを保ちましょう。

 

第1関節同士を引き合う

 


(1)両手の人さし指を鍵のように曲げます。

 

 

(2)人さし指の第1関節同士を絡めて、左右に引っ張り合います。1回10~20秒程度。

 

 

(3)中指、薬指、小指と順に同じ運動を行います。各指5回程度行うと良いでしょう。

 

 

 

ポイント

引っ張り合うときは、勢いをつけず徐々に力を入れます。人さし指だけでなく、普段鍛えることがない他の指も意識して鍛えましょう。