ほっと一息

ほっと一息

2021.10.13

社会人のための日本語検定 第44回 ウチとソトの使い分けは 社会人の基本!

JA広報通信10月号

 ●出題:特定非営利活動法人 日本語検定委員会

 

問一 敬語 3級

【   】のような場面で、(   )部分はどのような言い方をすればよいでしょうか。最も適切なものを選んで、番号で答えてください。

【取引先への説明を終えた係長が、先方から質問されて】

その件につきましては、課長の山田が(     )。

(1)ご説明になります

(2)ご説明します

(3)説明なさいます

 

 

 

 

 

問二 漢字 2級

ア・イそれぞれについて、(   )に入る漢字として適切なものを、次の【   】から選んで、番号で答えてください。適切なものがないときは、(4)を選んでください。同じ番号を二回使ってもかまいません。

【(1)陣  (2)燼  (3)塵  (4)適切なものがない】

ア 何者かの放火により、由緒ある本堂が灰(  )に帰した。

イ 日本の家電メーカーは、いつの間に中国や韓国の後(  )を拝するようになったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

問一 (2)

取引先に対して身内である課長が説明することを、謙譲語「ご説明する」を用いて言っている、(2)「ご説明します」が適切。

(1)「ご説明になります」は、尊敬語「ご説明になる」を用いていて不適切。

(3)「説明なさいます」は、「する」の尊敬語「なさる」を用いていて不適切。

 

 

問二 ア…(2) イ…(3)

ア…(2)「燼」が適切。「灰燼」は、灰と燃え残ったもの。「灰燼に帰する」は、すべてが無になること。

イ…(3)「塵」が適切。「後塵」は、人や車が通ったあとに残るほこり。「後塵を拝する」は、他の人や国に先んじられること。

 

 

 

 

2021年度 日本語検定

実施予定 日本語検定は、日本語を使う全ての人のための検定です。日本語の総合的な運用能力を測るため、敬語・文法・語彙・言葉の意味・表記・漢字の6つの領域から出題しています。受検級は1級から7級で、小学生から社会人まで幅広い層が受検しています。2021年度の日程は右記の通りです。

第2回

〔実施日〕11月12日(金・準会場) 11月13日(土・準会場/一般会場)

〔申込期間〕8月2日(月)~10月15日(金)

受検申込、資料請求などのお問い合わせは、下記のフリーダイヤルかホームページからお願いいたします。ご連絡お待ちしております。

●フリーダイヤル 0120-55-2858

●ホームページ https://www.nihongokentei.jp