きくちのまんま新聞

きくちのまんま新聞

柿出荷始まる  秋の味覚柿が出荷始まり   JA菊池柿部会

 JA菊池管内で「太秋柿」の出荷が始まりました。10月7日、初出荷!出荷は11月中旬までで部会員22戸で10トンを見込んでいます。JA熊本経済連第一園芸集送センター鹿央選果場で選別し県内、関東方面へ出荷します。

 

 選果場では、光センサーを含む選果機が糖度、形、階級、熟度を判別。

 

 JAの柿販売担当の宮川翔さんは「長雨の影響により消毒等が行き届かず収量が減ったが、糖度の乗りは良く、甘くシャキッとした食感がいい。しっかり販売していきたい」と話しました。