ほっと一息

ほっと一息

2021.10.18

季節の室礼(しつらい) 十三夜

JA広報通信9月号

和文化講師●滝井ひかる

 

 

 十五夜にお月見はできましたか?

 十五夜とは旧暦8月15日の夜のこと。今年は9月21日でした。

 では「後の月(のちのつき)」という言葉を知っていますか? 旧暦の9月13日の夜、十三夜のことです。十五夜と違い十三夜は日本だけの風習。満月だけではなく少し欠けた月もめでる、というのは風流ですね。台風の時期も終わり秋晴れが続くことから「十三夜には曇りなし」といわれます。

 十五夜は「芋名月」と呼ばれているためサトイモをお供えします。十三夜は「栗名月」や「豆名月」と呼ばれ、お団子と共に栗や豆をお供えします。

 秋の七草で尾花と呼ばれているススキは、月の神様へのより代として稲穂の代わりに供えます。十三夜では13本か3本。収穫されていれば稲穂をお供えすることもあります。

 十三夜には、竹でできた虫籠を飾るのはいかがでしょう。同じく竹で作ったスズムシも一緒に。繊細なササダケの節が本物そっくりに見えますよ。

 

 

 十五夜だけお月見をして十三夜をしないのは「片見月」「片月見」といって、縁起が悪いともされています。今年の十三夜は10月18日。秋の夜空を見上げてみましょう。