きくちのまんま新聞

きくちのまんま新聞

農政活動の重要性、組織活動の強化を図る   農政連菊池総支部

 農政連菊池総支部は8月23日、第32回通常総会をJA情報センターで開いた。農業者の要望を国政、県政に反映させるための強い団結と組織力が必要であり、農政運動の重要性を組合員に広く伝え、組織活動の強化を図ろうと意識統一を図りました。

 

 

 総会には委員ほか関係者55人が出席。2020年度事業報告・収支決算、21年度事業計画・収支予算など4議案を可決・承認しました。

 

 21年度活動として「総合的な農政の確立と農業政策・予算要望」「課題別、品目別農政対策の強化」「農政推進体制と情報活動の強化」の3つを柱に掲げました。

 

 食料安全保障等総合的な農業政策、品目別の政策課題や災害支援対策等を新たに盛り込み、適切な運動で農業経営が持続可能となる政策と予算処置の実現に向けて運動に取組みます。農業者の切実な要望を国政、県政に反映させ、実現を図るため、団結と組織力を強化することを決め、一般消費者の理解促進とイメージアップを図る運動を行い、農業・農村、自然環境を守る環境保全運動にも力を入れます。

 

 同支部大島洋総支部長は「力を結集して一つひとつ実現していきたい」と話していました。