組合長からのメッセージ

組合長からのメッセージ

組合長からのメッセージ vol.58

食料自給率向上と地球温暖化防止への挑戦!「ポイント付加による国民運動への提案」~SDGsその⑤~

昨年8月超党派の議員研修会が熊本で開催され、30分間程農業の現場から報告、提案させていただきました。

 

その中で、もう少し詳細に説明して欲しいとのことで「日本の進路」の2月号に寄稿いたしました。概略として、農業は人間の胃袋を満たし、心の豊かさ、そして命の水を育む、まさに生命産業です。ただ、限りのある化石燃料を多く使用することには、不自然な感じは否めません。そこでフードマイレージ等を考えながら地球温暖化を防止します。例えば、環境負荷を軽減しながら生産をしている農畜産物には、スーパーのレジを通貨するときにスマートフォンでポイントをつけるというものです。そうすれば地球温暖化防止につながり食料自給率も伸び、一挙両得となります。

いかがでしょうか。

詳細は月刊「日本の進路」329号をご覧ください。

 

代表理事組合長 三角 修

 

 

 

 

※フード・マイレージ (food mileage) は、「食料の ( = food) 輸送距離 ( = mileage) 」という意味であり、食料の輸送量と輸送距離を定量的に把握することを目的とした指標ないし考え方である。 食糧の輸送に伴い排出される二酸化炭素が、地球環境に与える負荷に着目したものである。