ほっと一息

ほっと一息

2021.09.09

季節の室礼(しつらい) 敬老の日

JA広報通信8月号

和文化講師●滝井ひかる

 

 

 9月の祝日といえば敬老の日。現在は第3月曜日ですが、かつては9月15日に定められていました。今も「老人の日」として残されています。

 では9月9日は何の日でしょう?

 五節句の一つで「重陽(ちょうよう)の節句」です。「お九日(くんち)」と呼ぶことから「おくんち祭」の語源ともいわれています。

 別名「菊の節句」。菊は古くから不老長寿の花と信じられていました。宮中や幕府では、庭の菊に真綿をかぶせておき、翌朝その朝露を含んだ真綿で体を清めると長生きできるといわれていました。「着せ綿」という風習です。今に例えるとアンチエイジング美容ですね。

 重陽の節句には、栗ご飯をいただきます。菊の花びらを浮かべた菊酒も良い香りがします。刺し身に付いている菊は飾りとしてだけでなく薬味として、しょうゆ皿に花びらを散らして召し上がってください。

 

 

 9月のもう一つの祝日は秋分の日。昼夜の長さが同じで、彼岸の中日(ちゅうにち)に当たります。お供えの花というイメージがあった菊も、近頃はさまざまな色や品種が増えましたね。

 「暑さ寒さも彼岸まで」といいます。残暑も感じられる9月は、丈夫で長持ちする菊を生けるのがお勧めです。菊は茎を手折(たお)るとよく水が上がります。