きくちのまんま新聞

きくちのまんま新聞

職場づくり「小集団活動」リーダー研修会  働きやすい風通しの良い職場づくりを  地域とともに人が育つJA菊池づくり

 JA菊池は8月23日、職場づくりの一環として行なっている小集団活動のリーダー研修会をJA情報センター開きました。活動を通じ、情報の共有化、コミュニケーション能力の向上、OJT(現任訓練)の醸成、自ら考え行動する環境の構築など、職場の風通しを良くするのがねらい。各部署内で少人数のグループをつくり活動テーマを決め、令和3年度の活動を9月から開始します。

 

 

 研修会では、三角修組合長が「役員としての在り方」「小集団の目的・経緯」「JA菊池の概要」などについて講話。「組織にとって大切なのは人づくり。人が育つことで未来永劫のJA菊池につながっていく。働きやすい職場づくりを自分達でつくりあげてほしい。未来永劫を考え、SDGsやカーボンニュートラル等環境について注目してほしい」と語りました。

 

 

令和2年度の活動は、報告書を5月に提出し、優秀賞を選出。7月31日に全役職員を対象に開催したコンプライアンス研修会の中で表彰と発表を行いました。