まんまキッズスクール

まんまキッズスクール

楽しく食農教育  野菜の苗植えとバターづくりで食と農を学ぶ   JA菊池まんまキッズスクール

 JA菊池まんまキッズスクール第2回が8月7日、菊池市旭志のJA情報センターでありました。野菜の苗植えや手作りバター作りで食と農を学びました!

 

 苗植えは、営農職員の指導で、ミニトマトの苗を一人ひとりの鉢に植えました♪キッズ生は「大きく育ってね」「暑さに負けないでね」と思いを込めて手を動かしました!鉢はそれぞれ自宅に持ち帰り、観察日記を1ヶ月間記入。生長の過程を楽しみながら育てます。

 

 

 バターづくりでは、酪農や牛について畜産職員が話し、生クリームを入れたペットボトルを一生懸命に振り、バターがどのようにできるのかを体験。キッズ生は「生クリームから、おいしいバターができることを初めて知った」「自分でつくったバターをお母さんにも食べてほしい」と笑顔が溢れていました。

 

 

 まんまキッズスクールを担当する総務部企画広報課の永田雅裕係長は「バター作りは初めての取組みだったが、体を動かしながらの体験は子ども達に好評だった。保護者も指導職員の話を真剣な様子で聞き、親子で関心を持ってもらえ嬉しく思う」と語っていました。

 

 

 保護者向けの「事業説明会」も同日行い、職員がJAの事業説明をした。参加者は「今まで知らなかったJAのことを知ることができた」「以前よりJAを身近に感じることができた」と好評。JAの加工商品「冷凍チャーハン」や菊池水田ごぼうを使用した「菊池めんべい」も配りPRしました。