きくちのまんま新聞

きくちのまんま新聞

【9月22日】高校生たちの報告発表会が見れます!  県立菊池農業高校登場!

 熊本県立菊池農業高校畜産科学科3年の林真那さん(18)は、令和3年度未来畜産女子育成プロジェクト事業の研修生19人の内の一人に選ばれ、8月16日から26日までのデンマーク畜産オンライン研修に参加しました。

 

 研修では、デンマーク農業の歴史やオーガニック放牧養豚農家や酪農家訪問、作物生産などを、デンマークの現場とオンラインで繋ぎ学びました。全国で畜産を学ぶ女子高生19人が交流し、意見交換なども行いました。

 

 林さんは「動物が好きで、動物の飼育員になろうと思っていたが、今回の学びで、熊本の畜産業の力になれるような獣医師を目指したいと思うようになった。もっと視野を広くして畜産のことを学びたい」と目を輝かせていました。

 

 9月22日には、オンラインでの研修成果報告会が開かれます。報告会のようすは報告会広告チラシの2次元コード(QRコード)にアクセスすると見ることができます。参加した高校生は「ビジネスとしての畜産」「女性の活躍できる畜産」など4つのテーマについて学び、取りまとめたことを発表します。

 

 

 報告会後は、2022年3月まで、畜産アンバサダーとして、畜産事業の魅力を発信する活動を行います。

この研修は、畜産事業の担い手育成の促進と女性の活躍を広めようと、高校生に海外の畜産事情を学び理解を深め、学んだことを国内で発信し、若い人に畜産の魅力を感じてほしいと、公益社団法人国際農業者交流協会が開き、JRA日本中央競馬会の畜産振興事業の助成を受けて行いました。