きくちのまんま新聞

きくちのまんま新聞

JA菊池役職員コンプライアンス研修会  一人一人が意識をもって

 JA菊池は7月31日、合志市で役職員コンプライアンス研修会を開きました。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため全職員を半分に分け2班体制で、換気、消毒、検温、職員同士のソーシャルディスタンスをとり行いました。

 

 

 研修会ではJA熊本中央会JA総合支援部瀬井秀樹部長が「コンプライアンスの意義・規範」「不祥事未然防止」「独占禁止法」「情報セキュリティ」等について講演。参加者は改めて、不祥事を起こさない、起こさせないよう気を引き締めました。

 

 JAの三角修組合長は「リスク管理をそれぞれが行い、不祥事を絶対に出さない気持ちを持って業務を行なってほしい。研修が実りあるものにしてほしい」と挨拶しました。

 

 職場づくりの一環として行なう2020年度小集団活動の表彰と発表、2020年度未来塾修了レポートに参加した2人の発表もありました。