新型コロナ感染症の対応

新型コロナ感染症の対応

【新型コロナウイルス対策事業】花卉部会 カスミソウを合志市職員へお届け

 JA菊池花き部会は母の日前4月上旬に、合志市役所へ部会生産のカスミソウの花束306本を届けました!新型コロナウイルスの影響で花きの消費が低迷する中、合志市役所職員が「地域農家の力になろう!」と購入して下さいました。

 

 花束は、染めカスミソウ1本と白いカスミソウ1本の花束で、染めカスミソウの色はピンク、イエロー、ラベンダーなどの7色。カスミソウは合志市の「市の花」として制定されており、盛んに栽培され、地域の方に馴染まれている花です。

 

 花束を届けた花き部会合志支部の渡辺さんは「新型コロナウイルスの影響で今後の見通しがつかず、意欲を喪失しつつある部会員もいる中、このような応援があることはありがたく、がんばろう!とやる気もでます。このような困難なときこそ部会員の結束をより感じ、JA組織力を感じています」と話されていました。

 

 合志市は、農政課を中心にJAと協力し、地域農産物の消費拡大に繋がるよう花以外にも肉やスイカなどの販売会も企画中です。