きくちのまんま新聞

きくちのまんま新聞

猛暑の中ハーベスター大活躍  自給飼料用トウモロコシ収穫最盛期  JA菊池コントラクター利用組合

 西日本有数の酪農地帯であるJA菊池管内で、自給飼料用トウモロコシの収穫作業が進んでいます。管内のコントラクター利用組合(農作業受託組合)では、6条刈り・8条刈りの自走式ハーベスターが大活躍!「コスト・労力の低減」「品質のいいサイレージ」「品質の良い牛乳生産」を目指します。

 

 

 コントラクター利用組合は酪農家と地域の若手後継者が力を合せて組織。JAの酪農部会は泗水コントラクター・旭志中央支所コントラクター・七城町コントラクターの3つの利用組合を利用しています。管内には他、合志ファーマーズサービス、原口ハーベスター利用組合、熊本市酪農コントラクター利用会があります。

 

 

 猛暑の中、7月中旬から始まった一期作の収穫作業は8月中旬まで、オペレーターが交代で雨天以外は毎日行います。

 JA泗水コントラクター利用組合は延べ作業面積440ヘクタールを刈り取ります。コーンハーベスターが刈り取ったトウモロコシは細かく刻まれ機械から噴出。それを受け止めるのは2トンダンプで、息を合せて操作します。荷台が一杯になると農家のバンカーサイロに運びます。ハーベスター1台に3台のダンプが対応してリレー。

 同利用組合長の梁池久芳さんは「天候にも恵まれ作業も順調に進み、良いサイレージができそうだ」と作業を見つめました。

 

 1戸当たり4~6ヘクタールを刈り取るのに従来は数日かかっていた炎天下の作業が、組合を利用することで1日で終わります。利用者は「作業が楽になり、その分牛の管理に専念できる。面積も増やせた」と喜ばれています。