きくちのまんま新聞

きくちのまんま新聞

菊池水田ごぼうが「めんべい」に!地域に対する想いが結んだ商品!! ご当地めんべいに「菊池水田ごぼう」味が登場★

 菊池市は7月14日、菊池市役所で「菊池めんべい~菊池水田ごぼう味~」商品発表・進呈式を開きました。菊池市の特産品であり、JA菊池ゴボウ部会が生産する「菊池水田ごぼう」を使用した「菊池めんべい」が完成し、販売を開始しています。「めんべい」は、辛子めんたいこを製造する会社福太郎が販売する辛子めんたいこ風味のせんべいで、近年九州のご当地めんべいを売り出しています♪

 

 

 福岡県土産の定番である「めんべい」を手がける(株)山口油屋福太郎と日本食品(株)が出資した熊本県菊池エミュー観光牧場(株)の旧迫水小学校進出が開発のきっかけ。

 

 進呈式では、「菊池めんべい」が菊池市江頭実市長とJA菊池三角組合長に手渡されました。三角組合長は「旬な時期だけでなく、商品化により、年中菊池水田ごぼうを味わうことができます。素材を活かした立派な商品を作ってもらえありがたく思います。農業の生産にも繋がり、持続可能な農業として今後も商品化に取り組みたいです」と語っていました。

 

 

 「菊池めんべい」には、ゴボウチップがふんだんに練りこまれており、噛めば噛むほどゴボウの香りが広がります。焼肉レストランまんまキッチンや農産物市場「きくちのまんま」3店舗などで4枚入り216円、12枚入り540円、24枚入り1080円で15日から販売。箱入りの裏には菊池渓谷をはじめ、市内の観光名所や地理的表示した(GI)を取得水田ごぼうの紹介が載せてあります♪