きくちのまんま新聞

きくちのまんま新聞

目標達成に向けて研修  JA菊池役員・支所運営委員

 JA菊池共済部は7月8日、役員・支所運営委員共済研修会を合志市総合センター「ヴィーブル」開き、関係者226人が出席しました。

 研修会では、JA共済連熊本の森哲弥本部長が情勢を報告。JA全農チーフオフィサーの戸井和久氏が「激変する世の中での農畜産物の販売戦略と商品開発」と題しての講演がありました。

 

 JA菊池共済部普及課元村涼子課長が事業推進目標を説明。本年度重点取組事項に「3Q訪問活動による組合員・利用者への安心と満足の提供」「生命回帰に向けたひと保障推進の取り組み強化」「いえ保障・くるま保障の実績拡大」など7項目を掲げ、ライフアドバイザー(LA)の森遥平職員の声に合わせて「頑張ろう」三唱し、目標達成に向けて士気を高めました。