きくちのまんま新聞

きくちのまんま新聞

「元気に過ごしてほしい」との思いを込めてスイカ贈る  JA菊池スイカ部会西合志支部

 JA菊池スイカ部会西合志支部は6月10日、支部管内の福祉施設4施設に大玉スイカを贈りました。スイカを食べて元気に過ごしてほしいと、栽培当初から毎年届けています。1施設に4ケース(1ケース2玉入り)の32玉。47年続いています。

 

 

 スイカ部会の髙島一久支部長が「部会員が真心込めて育てた甘いスイカを食べて、元気に過ごしてほしい」と手渡すと、施設代表者が「おいしいスイカに笑顔が広がります。毎年ありがたい!」と受け取りました。髙島部会長は「これからもおいしいスイカを届けたいです」と話しました。