組合長からのメッセージ

組合長からのメッセージ

組合長からのメッセージ vol.85

カーボンニュートラルへの道(その3)

 

 

 「みどりの食料システム戦略」が農林水産省より示され、2050年には温室効果ガスをゼロとする目標が掲げられました。

 

 具体的には化学農薬使用量を50%低減。化学肥料の使用量の30%低減。又、有機農業の取り組み面積を全耕地面積の25%、100万haに拡大するというものです。

 

 農薬、肥料の低減については今後の技術革新に期待したいところですが、有機農業の面積については現状0.5%。2.3万haからすると有機農業は「人手が必要」「むずかしい」「儲からない」という感覚があり、ほんとうに実現可能なのだろうかと考えます。

 

代表理事組合長 三角 修