ほっと一息

ほっと一息

2021.05.04

季節の室礼(しつらい)  こどもの日

JA広報通信

和文化講師●滝井ひかる

 

 

 5月5日はこどもの日。祝日法では「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日だそうです。その後の母の日とつながっていますね。

 この日は五節句の一つ「端午の節句」で、江戸時代から男の子の成長を祝う行事でした。

 こいのぼりを飾るようになったのも江戸時代からのこと。由来は、武家の家紋が入ったのぼり旗印。時代劇の合戦シーンでよく目にしますね。それに倣って商家や町人が立てたのが広まったそうです。

 黄河の滝を登りきった鯉(こい)は竜になるという「登竜門」の伝説にあやかり、立身出世を願ってこいのぼりを飾ります。

 端午の節句では、冬至のゆず湯と同じく香りで汚れをはらうために「しょうぶ湯」に入ります。お風呂に入れるハショウブはショウブ科、またはサトイモ科。ハナショウブはアヤメ科で葉に香りはありません。

 「勝負」や「尚武」に掛けてハナショウブを飾ります。ハナショウブは、剣のように真っすぐ生けましょう。しぼんだ1番花を抜いておくと、後から2番花が咲いてきますよ。

 ガラスや陶磁器のミニチュアのかぶとを飾るのもすてきですね。暦の上では立夏。一足早く夏がやって来ます。