きくちのまんま新聞

きくちのまんま新聞

菊池地方の新穀に感謝  菊池市菊池神社抜穂祭

 菊池地方で収穫された新穀を神に奉り、その恵みに感謝する「新嘗祭」の神事が12月中旬、菊池市今の菊池神社で厳かに行われました。神社奉賛会員、JA、行政他関係者30人が参列。

 

 御田植祭と抜穂祭で早乙女役を務めたJA菊池女性職員3人が、10月に収穫した「ヒノヒカリ」を献上しました。

 

 

 大田主の永田正一郎さん(68)は「新型コロナウイルスなどの心配が多い年でしたが、毎年続けてきたので無事に今年も迎えることができて良かったです」と笑顔をみせました。