JA菊池ホームページ
 サイトマップ
  きくちのまんま用語集
ホーム
       ホーム > きくちのまんま用語集
 
▼絞り込み検索
  
■名称の頭文字から探す
全22件が検索されました。
(11〜20件)
名称 用語解説
初乳バンクステイション 酪農家から初乳のパック詰めを買い上げ、JA菊池パシオン内で凍結させ、肉用牛や、酪農生産農家等へ販売する。
除角 素牛導入後約1ヶ月で除角を行うことによって、牛個体のばらつきが減少し、平均して飼料を食べるようになる。又、突き合いによるスト激X、アタリが減少し、管理者への危険も少なくなる。
摘芯 「ピンチ」ともいいます。苗が小さいうちに一番上の芽を摘み取ることです。こうすることによってわき芽が増え、たくさん花のついた株になります。
 また、上に伸びすぎるのを抑制する効果もあります。
摘芯(ピンチ)をする花…
・カスミソウ
・ペチュニア    など
NON - GMO牛乳 遺伝子組み換えをしてない飼料で育てた牛により生産された牛乳。
【豚】ランドレース種(L) 皮膚は白色で頭と頬が小さく耳が垂れている。胴は特に長く、大型で腿の発達したスマートな豚である。発育が早く、産子数が多い。欠点は肢蹄が弱い。
【豚】大ヨークシャー種(W) 皮膚は白色、耳が立っている。体高があり横から見て長方形をした大型種。発育が早く、産子数が多い。欠点は背脂肪が全体的に厚い。
【豚】デュロック種(D) 皮膚は褐色で耳は先端部が前へ垂れている。筋肉質で発育が早く、肉質も良い。体質強健で暑さにも強い。交雑の最後のとめ雄として用いられてる。
【豚】バークシャー種(B) 皮膚は黒色であるが、顔、四肢端、尾端が白く、いわゆる「六白」を特徴としている。耳は立ち、体格は中型、産子数はやや少ない。肉質が良く脂肪質も優れている。体が小さく、発育がやや遅いと言われている。
哺育育成農家 酪農家より、生後1〜2ヶ月の子牛を導入し、月齢約6〜7ヶ月まで飼育をし、肥育農家へ販売を行う。
ホルスタイン(乳雄) 乳用種で雄は、主に肥育用として、肉用に飼育される。

←前へ  1   2   3  次へ→
  ▲ページの先頭へ   

ホーム