JA菊池ホームページ
 サイトマップ
  旬のレシピ
戻る ホーム
       ホーム > 旬のレシピ > ナガイモのグラタン
 

ナガイモのグラタン

最終更新日 [2012年11月7日]  

ナガイモのグラタン  ヤマノイモは、ナガイモ、イチョウイモ、ジネンジョなどの総称。里で栽培されるサトイモに対し、山野で自生することからヤマノイモ、または「ヤマイモ」と呼ばれます。
 なかでもナガイモは、水分が多く、粘りが少ないのが特徴。すりおろしてとろろにすると喉越し良く、細切りや角切りにしてサラダやあえ物にすると、シャキシャキした歯触りが楽しめます。また煮る、焼くなど加熱すると、ほっくりとして生とは違う食感が味わえます。ヤマトイモは、ナガイモに比べて水分が少なく粘りが強いので、魚のすり身のつなぎにしたり、とろろ汁を作るのに向いています。調理の際、あえ物など白く仕上げたい場合は、酢水(水カップ3に、酢大さじ1の割合)に漬けて変色を防ぎます。また手を酢水に付けるとかゆみが和らぎます。

材料(2人分)

ナガイモ・・・・・・・・・・250g
シーフードミックス・・・・・100g
A だし・・・・・・・・・・カップ1/4
  とき卵・・・・・・・・・・大さじ2
  塩・・・・・・・・・・・・小さじ1/6
  しょうゆ・・・・・・・・・少々
  溶けるチーズ(細切り)・・・30g

作り方 (1人分182kcal)

@ナガイモは150g分は2cm角に切り、残り100g分はすりおろします。
Aシーフードミックスは、熱湯でさっとゆで、水気を切ります。
Bすりおろしたナガイモに、Aを混ぜます。
C耐熱容器に角切りのナガイモ、シーフードミックスを入れ、Bを掛けます。オーブントースターで約5分焼き、焼き色を付けます。
この情報に関するお問い合わせは
JA菊池本所
電話:0968-23-3500
ファックス:0968-23-3515
メール メール 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。 右のアイコンをクリックすると、Adobe Readerダウンロードサイトへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。 (新しいウィンドウで表示) アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム
h