JA菊池ホームページ
 サイトマップ
  旬のレシピ
戻る ホーム
       ホーム > 旬のレシピ > リンゴとサツマイモの焼き菓子
 

リンゴとサツマイモの焼き菓子

最終更新日 [2012年10月1日]  

リンゴとサツマイモの焼き菓子  真っ赤なリンゴが店頭に出回るのは、秋から冬にかけて。生でそのままはもちろん、加熱してもおいしいので、焼きりんごや、ジャム、コンポート、アップルパイなど、お菓子の材料としてよく使われます。また、シャキシャキした食感を生かしてサラダに加えたり、肉料理のソースや煮込み料理にもよく合います。お菓子だけでなく、ぜひいろいろな料理に使ってみましょう。リンゴは「1日1個食べれば医者いらず」といわれるほど、健康的な果物です。ペクチンなどの食物繊維には、整腸作用や便秘解消効果の他、コレステロールを下げて動脈硬化予防、カリウムには血圧を下げる働きがあり、生活習慣病の予防にも効果的です。さらに疲労回復に効果のあるリンゴ酸やクエン酸、体に有害な活性酸素を除去するポリフェノールなども多く含みます。

材料(2人分)

サツマイモ・・・・・・・・1本(200g)
リンゴ(あれば紅玉)・・・1/2個(150g)
砂糖・・・・・・・・・・・大さじ3
牛乳・・・・・・・・・・・大さじ3
バター・・・・・・・・・・15g
グラニュー糖・・・・・・小さじ1/2

作り方 (1人分287kcal)

@サツマイモは1cm厚さの輪切りにし、水にさらします。軟らかくなるまでゆでます。
Aサツマイモの皮をむき、鍋に入れて木べらでつぶします。砂糖と牛乳を加えて混ぜ、弱火で2〜3分煮ます。バター10gを入れてなじませ、火を止めます。
Bリンゴは皮付きのまま横に半分にし、3mm厚さに切ります。
C耐熱皿にAを入れ、表面を平らにします。上にBのリンゴを並べ、バターを小さく切って散らし、グラニュー糖を振ります。
Dオーブントースターで約8分(または200度のオーブンで約5分)、焼き色を付けます。
この情報に関するお問い合わせは
JA菊池本所
電話:0968-23-3500
ファックス:0968-23-3515
メール メール 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。 右のアイコンをクリックすると、Adobe Readerダウンロードサイトへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。 (新しいウィンドウで表示) アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム
h