JA菊池ホームページ
 サイトマップ
  旬のレシピ
戻る ホーム
       ホーム > 旬のレシピ > シイタケの肉詰め
 

シイタケの肉詰め

最終更新日 [2012年9月4日]  

シイタケの肉詰め  シイタケは、もともとはシイ(椎)、カシ(樫)、クヌギ、コナラなどの広葉樹の枯れ木に発生するきのこです。市販されている大部分は栽培物。そのため、一年中ほぼ安定して売られています。うま味成分のグアニル酸を含み、独特の風味があるので、肉厚の新鮮なものはそのまま焼いて、しょうゆを数滴たらすだけでおいしく食べられます。切り方によっていろいろな歯応えが楽しめるので、和洋中のさまざまな料理に使われます。
 また、きのこは代表的な低カロリー食材で、シイタケの100g当たりのカロリーは、たった18kcal。食物繊維も多く、美容や健康にもうれしい食材です。さらにビタミンDを多く含み、カルシウムの吸収を助け、骨粗しょう症の予防にも役立ちます。保存は、水が付くと傷みやすくなるのでぬらさずに冷蔵庫の野菜室へ。

材料(4人分)

シイタケ(大きめのもの)・・・・・・6個
かたくり粉・・・・・・・・・・・・小さじ1
サラダ油・・・・・・・・・・・・・大さじ1
レモン・・・・・・・・・・・・・・適量

肉あん
鶏ひき肉・・・・・・・・・・・・・100g
ネギ(みじん切り)・・・・・・・4cm
みそ・・・・・・・・・・・・・・大さじ1/ 2
酒・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
かたくり粉・・・・・・・・・・・小さじ1

作り方 (1人分184kcal)

@シイタケは軸を外します。石突きを除き、軸をみじん切りにします。
A肉あんの材料とシイタケの軸のみじん切りを混ぜ、6等分にします。
Bシイタケのかさの裏側に、かたくり粉を振ります。肉あんを載せます。
C大きめのフライパンに油を強火で熱し、Bを肉側を下にして焼きます。薄く焼き色が付いたら、弱めの中火にし、ふたをして3〜4分蒸し焼きにします。
裏返してさらに約3分焼きます。
D器に盛り、レモンを添えます。
この情報に関するお問い合わせは
JA菊池本所
電話:0968-23-3500
ファックス:0968-23-3515
メール メール 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。 右のアイコンをクリックすると、Adobe Readerダウンロードサイトへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。 (新しいウィンドウで表示) アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム
h