JA菊池ホームページ
 サイトマップ
  旬のレシピ
戻る ホーム
       ホーム > 旬のレシピ > 豚ヒレ肉の梅肉蒸し
 

豚ヒレ肉の梅肉蒸し

最終更新日 [2012年6月5日]  

豚ヒレ肉の梅肉蒸し  梅の実は生で食べることはないので、料理に使う梅といえば、やっぱり梅干し。そのまま食べるのはもちろん、たれやドレッシングなどに加えて風味付けにしたり、肉や魚料理の調味料として加えると、梅干しの酸味や香りでさっぱりと食べやすくなります。
 また、梅干しの酸味は食欲を誘い、唾液や胃酸の分泌も盛んになるので、食べたものの消化・吸収を促進。さらに梅干しに含まれるクエン酸には、体内でエネルギーをつくり出すと同時に疲労物質の分解を助ける働きもあるので、暑さに体力を奪われて食欲がなくなりがちな夏バテ予防にはピッタリの食材です。その他にも、おなかを壊したときに良い、二日酔いに効くなど、民間療法としても伝わるさまざまな効能があり、昔ながらの健康食品です。

材料(4人分)

豚ヒレ肉(ブロック)・・・400g
塩・こしょう・・・・・・・各少々
ネギ・・・・・・・・・・・1本
かい割れダイコン・・・・1/2パック
A
 梅干し・・・・・・・・・2個
 シソの葉・・・・・・・5枚
 酒・・・・・・・・・・・大さじ1
 しょうゆ・・・・・・・・大さじ1/2

作り方 (1人分126kcal)

@肉は5〜6mm厚さに切り、塩、こしょうを振ります。
A梅干しは、果肉を包丁でたたき、シソの葉はみじん切りにします。Aの材料を混ぜます。
Bネギは、白い部分を5cm長さの千切りにし、水に放します。かい割れダイコンは、根元を落とし、半分に切ります。
C肉にAを塗りながら、皿に広げるように並べ、ラップをして電子レンジ(500W)で約5分加熱します。Bを載せます。
この情報に関するお問い合わせは
JA菊池本所
電話:0968-23-3500
ファックス:0968-23-3515
メール メール 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。 右のアイコンをクリックすると、Adobe Readerダウンロードサイトへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。 (新しいウィンドウで表示) アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム
h