JA菊池ホームページ
 サイトマップ
  旬のレシピ
戻る ホーム
       ホーム > 旬のレシピ > タラとネギのグラタン
 

タラとネギのグラタン

最終更新日 [2012年3月31日]  

タラとネギのグラタン  ツンとした香りと辛味がアクセントのネギ。緑の部分を食べる葉ネギに対して、白い部分を食べるものを長ネギといい、白ネギ、根深ネギとも呼ばれています。古くから、関西では葉ネギ、関東では長ネギが好まれてきました。一年中出回りますが、寒さが厳しくなると、甘味が増し、柔らかくなります。
 切ったときに、ツンとする成分はアリシンで、ニンニクやタマネギと共通のもの。この成分はビタミンB1の吸収を助け、疲労回復や消化・食欲増進、免疫活性、抗菌などの働きをする他、血行を良くし、体を温める作用があるので、風邪予防に効果的です。選ぶときは、白くつややかで、葉との境がはっきりしているものが良品。保存の際は、泥付きなら泥を落とさず、袋のままか新聞紙に包んで冷暗所に。立てておくとより長持ちします。

材料(2人分)

生タラ・・・・・・・・・・2切れ(200g)
ネギ・・・・・・・・・・・1本(100g)
カブ・・・・・・・・・・・2個(200g)
A水・・・・・・・・・・・・200ml
 スープのもと・・・・・・小さじ1/2
Bホワイトソース・・・・・1/2缶(約150g)
 白みそ・・・・・・・・・大さじ1強(20g)
 酒・・・・・・・・・・・大さじ1
粉チーズ・・・・・・・・・大さじ2

作り方(調理時間30分)  (1人分250kcal)

(1)タラは半分に切ります。ネギは4〜5cm長さの斜め切りにします。カブは茎を少し残して、4〜6つ割りにし、皮をむきます。
(2)鍋にA、ネギ、カブを入れ、沸騰したらふたをして、中火で約5分煮ます。タラを入れてあくを取ります。ふたを取り、落としぶたをして約5分、汁気がほとんどなくなるまで煮ます。
(3)Bは合わせておきます。
(4)(2)をグラタン皿に入れ、(3)を掛けます。粉チーズを掛けて、オーブントースターで約10分、おいしそうな焼き色が付くまで焼きます。
この情報に関するお問い合わせは
JA菊池本所
電話:0968-23-3500
ファックス:0968-23-3515
メール メール 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、アドビシステムズ株式会社のアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。 右のアイコンをクリックすると、Adobe Readerダウンロードサイトへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。 (新しいウィンドウで表示) アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

戻る ホーム
h